マーキュリートリテストを開始しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症予防のリコード法的アプローチで、最も問題になるのが「毒物因子」です。

毒物因子としては、

1.水銀などの重金属

2.カビ毒

3.ライム病ボレリア

などがあります。

重金属検査に関してブレデセン医師は、

●水銀

●鉛

●ヒ素

●カドミウム

等に関して、すべてQSS(クイックシルバー社)の検査を推奨しており、

目標値として50パーセンタイル以下を掲げています。

特に水銀に関しては、マーキュリートリテストがもっとも信頼性が高く、特徴として

●毛髪、尿、血液中の水銀値を誘発試験なしで測定する。

●有機水銀、無機水銀の判別も可能

という点が挙げられます。

料金は海外に検体を送るために多少変動しますが、

トリマーキュリーテスト:5万円

ブラッドメタル検査:2万5千円

コンボ:6万7千円

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください