緊急事態宣言解除に伴う診療体制について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月25日に東京を含め全国的に解除されました。

5月27日現在で世界の感染者数は540万人、死者は34万人を超え、このウイルスは人類に甚大な被害を与え続けています。

我が国においても800人以上の方が亡くなるなど、決して少なくない犠牲が生じ、また経済的な影響は想像がつかない位深刻になりそうです。

それでも日本は、皆様の忍耐とご協力のおかげで、諸外国にくらべれば、まだ感染者数、死者数共に少ないままで乗り切れるかもしれないところまできています。

今後も手洗い、熱中症に気をつけながらのマスクの着用、集近閉(3密)を避け、換気に気をつける生活などを続けましょう。

それこそが感染リスクを減らし、緩徐ながら経済再生への近道でもあります。

さて、緊急事態宣言解除に伴い、当院でも待合室でお待ちいただける人数を少し増やして行こうと考えております。

しかしスペースに限りがありますので、今まで通り自家用車の車内でお待ち頂いたり、一旦ご自宅での待機をお願いすることもあると思いますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

また発熱等の風邪様症状がある方は、新型コロナウイルス のトリアージに従って、別室での診察を継続いたします。(栃木県にお住まいの方で新型コロナウイルスの可能性があると考えられた場合、地区医師会のドライブスルー方式でのPCR検査をお受け頂く場合があります)

以上の措置は暫定的なもので、感染流行の再燃や診断・治療の方向性に変化が生じた場合、随時変更する可能性があることをご了承ください。                      

 

 

受付と診療体制に関して(新型コロナのパンデミックに伴う)

中国発の新型コロナウイルスのパンデミックに伴い、

先月から受付と診療体制を少々変えております。

狭い空間で、長時間、大勢で過ごすことが、感染リスクを高めるため、

待合室にはなるべく少人数の方が、離れて座るように調整しています。

お車で来院頂いた方には、車内でお待ちいただく可能性もあります。

また、発熱や咳などの症状がある方は、別の入り口から入って頂き、

個室で診療させて頂いております。

来院の折にはマスクを着用して頂いておりますが、診察される方で

マスクを持ち合わせていない人には、実費でマスクを購入頂いています。

皆様にはご不自由をお掛けしておりますが、ご協力お願いいたします。

 

マーキュリートリテストを開始しました

認知症予防のリコード法的アプローチで、最も問題になるのが「毒物因子」です。

毒物因子としては、

1.水銀などの重金属

2.カビ毒

3.ライム病ボレリア

などがあります。

重金属検査に関してブレデセン医師は、

●水銀

●鉛

●ヒ素

●カドミウム

等に関して、すべてQSS(クイックシルバー社)の検査を推奨しており、

目標値として50パーセンタイル以下を掲げています。

特に水銀に関しては、マーキュリートリテストがもっとも信頼性が高く、特徴として

●毛髪、尿、血液中の水銀値を誘発試験なしで測定する。

●有機水銀、無機水銀の判別も可能

という点が挙げられます。

料金は海外に検体を送るために多少変動しますが、

トリマーキュリーテスト:5万円

ブラッドメタル検査:3万円

コンボ:6万7千円

です。

ケトン体のシグナル機能

ケトン体は脂肪酸由来の小分子で、エネルギー基質、シグナル機能、遺伝子発現調節機能等がある。
ケトン体のβヒドロキシ酪酸は2つのG蛋白共役受容体、すなわちGPR109とGPR41に結合するリガンドとして働く。
このことの意味は、脂肪分解を抑制し、ケトン体の過剰産生を防ぐことにある。

第6回料理教室のお知らせ

菊池クリニックローカボ部の第6回料理教室の開催が決定しました。
日程:平成28年12月14日水曜日午後1時45分から
場所:野木町公民館を予定していますが、まだ確定していません。
内容:ローカボおせち第2部

第5回か第6回のいずれかに、紀文食品のローカボおせち商品の紹介あり。

お問い合わせ・予約:0280-57-2510 菊池クリニックまで