ケトン体のシグナル機能

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケトン体は脂肪酸由来の小分子で、エネルギー基質、シグナル機能、遺伝子発現調節機能等がある。
ケトン体のβヒドロキシ酪酸は2つのG蛋白共役受容体、すなわちGPR109とGPR41に結合するリガンドとして働く。
このことの意味は、脂肪分解を抑制し、ケトン体の過剰産生を防ぐことにある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です